2012年04月01日

あくせいりんぱしゅ

あくせいりんぱしゅ。Lymphoma。
リンパ系の組織から発生する腫瘍(がん)の総称。進行すると全身の衰弱、DIC(disseminated intravascular coagulation)、多臓器不全などから死に至る。リンパ腫には「良性」は無く、全て「悪性」だが、日本では一般に悪性リンパ腫と呼ばれている。

【種類】
・ホジキンリンパ腫
 日本人には少なく、悪性リンパ腫の約10%程度である
・非ホジキンリンパ腫
 日本人が発症する悪性リンパ腫の90%を占める

【症状】
・頸部(首)、鼠径部(股の付け根)、腋の下などのリンパ節が腫れる(痛みを伴わないしこりができる)
・発熱
・体重の減少
・盗汗(顕著な寝汗) など

【治療】
リンパ系組織は全身に分布しているため、悪性リンパ腫外科手術による切除は行わず、主に放射線療法および化学療法によって治療が行われる。

【具体的には】
独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
悪性リンパ腫の診断と治療
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/ML.html
posted by ieefuwoe at 03:01| Comment(0) | 悪性リンパ腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

食事療法がなかなか難しい通風治療

通風通風の食事療法で大切なのは、尿酸値を押さえるということにあります。
通風は別名高尿酸血症ともいい、血液に溶けきらなかった尿酸は結晶になって関節に沈着し、急性関節炎を引き起こします。高尿酸血症の人は約10%ほどの確率で急性関節炎を発症し、この状態を通風と言うのです。


もう少し詳しく説明すると、細胞内のDNAやRNAなどの核酸や体内のエネルギー源であるATPが分解することで生まれるプリン体という物質になり、これが尿酸に代謝されるのです。尿酸は尿中に排泄されますが、体内の尿酸が増えると血液中に蓄積された高尿酸血症に繋がっていくのです。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
通風の食事制限、食事予防、食事治療についての解説
通風と関節痛

通風の食事療法で大切なのは、尿酸値を押さえるということにあります。
通風は別名高尿酸血症ともいい、血液に溶けきらなかった尿酸は結晶になって関節に沈着し、急性関節炎を引き起こします。高尿酸血症の人は約10%ほどの確率で急性関節炎を発症し、この状態を通風と言うのです。注目インフォ
タグ:通風
posted by ieefuwoe at 23:29| Comment(0) | 通風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

どもり(吃音)を治療した方法

どもり(吃音)を治療した方法

親子で挑戦した、どもり吃音を治療した方法。
吃音かわいそうな状態を何とか治してあげたい

何とかしなければ・・・・・。

これは、どもりを治した、私流のどもり(吃音)治療法です。
それは、長女が、4・5歳の頃、長男が誕生して
半年位から始まりました。

主人の両親、実家の両親と、愛情を一身に集めていた
長女は、長男にその座を奪われると、とんでもない
行動に現れました。

それが、・・・どもり でした。

急にどもり出した、長女にどうしていいか
おろおろ するするばかりでした。

最初は、原因が分からず悩みましたが、
冷静になって考えて見ると、

あったのです・・・・原因が。
思い当たる事がいくつか、ありました。


それには、私たち周囲に問題があったのです。

初めての長男に、全員の関心が長男に向けられ注目の
的であった長女は、二の次になってしまったのです。

寂しかったんでしょね〜
何とか、自分に関心を持ってもらいたい・・・と。

小さい心で、悩み、苦しみ、
いじけて見たり、普段した事が無いような意地悪をしたり
いろいろ試して見たと思うんです。

どもる前に、沢山、たくさん信号を送ったでしょう。
それでも、分かってくれなかったから、最悪
どもり、に現れたのだと思います。

どもりの原因が、周囲の関心を、自分にも向けて欲しい思い
からだと気が付くと、次はどうしたらいいか対策を立てました。

まず主人と、主人の両親と実家の両親と集まってもらい
6人で、話し合いました。

結果、実家でしばらく暮らすことにしました。

実家の両親は、以前、教員をしていて その当時は
年金暮らしで、いろいろなサークルに顔を出していました。
それで、ことある度に長女を連れて行きました。

サークルでは、年配の方にゆっくりと話を聞いてもらい、
家に帰って来ると、
どもる事は、いっさい口にせず、
なるべく本人にも意識させないよう
ゆっくり、長女と話す時間を作り・・・
時間を気にしないで、話を聞いてあげるようにしました。

また、なるべく外に出て、花を育てたり、昆虫採集に行ったり
気分をリラックスさせるようにし、

花は綺麗だね とか、昆虫をいじめると可愛そう とか
やさしい気持ちになるように、教えました。

そうすることが、長男に意地悪しなくなると思ったからです。
昼間の疲れで夜はぐっすり眠る健康的な生活を送れました。

そんな、ゆったりした生活が3ヶ月も続くと少しずつですが、
変化が現れました。

だんだん、それこそ薄皮がはがれるように、どもり が、
直ってきたのです。

ゆっくりですが、普通に言葉が出て来るようになりました。
その時は、嬉しかったですね〜
後、一息頑張れば、普通に話せる。

この方法で、結果が出ると分かれば、このまま続けて行けば
克服できる。

この状態で、その後一ヶ月位続いたと思います。
念願かなって長女のどもりを治すことが出来ました。

でも、4ヶ月・・・・とっても長かった。

今では、長女は、え〜そんなことあったの!!
と言うくらいおしゃべりですが。。。。
きっと、その頃の事は忘れてしまっているでしょうね。
ですが私の中では、忘れられない出来事です。治療した方法
タグ:どもり 吃音
posted by ieefuwoe at 18:26| Comment(0) | どもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亜鉛不足に含有量の高い食品

亜鉛不足に含有量の高い食品をといわれて多くの人が連想するのはおそらく「カキ」でしょう。カキには100g中にじつに13.2rもの亜鉛が含まれており、1日の必要量10mg前後が推奨されている亜鉛の摂取に適した食品として知られています。
ほかにも亜鉛を含む食品にはさまざまなものが知られています。肉類や魚介類に多く、含有量の多いものとしては「からすみ」、豚の肝臓、牛肩のロース、牛のもも肉などがまず挙げられます。ほかにもゴマやアーモンドといった種実類にも多く含まれており、また小麦胚芽にはカキをも上回る100gに対して15.9rもの含有量があります。チーズも高い含有量で知られています。
これら亜鉛を多く含む食品を摂取することで不足気味の亜鉛を補うことができます。
また、ただ含有量の多い亜鉛の食品を食べるだけでは中途半端です。亜鉛は吸収率があまり高くないことで知られており、せっかく摂取してもそのまま排出されてしまうことも多くなっています。そのため、いかに吸収を促し、栄養にするかも大事になってきます。
亜鉛の吸収率は動物性たんぱく質、クエン酸、ビタミンCなどで高まります。一方、食物繊維やタンニン、フィチン酸などと同時に摂取すると逆に吸収が阻害されてしまいます。緑黄色野菜を摂取する際には注意が必要になるでしょう。
このように、亜鉛を多く含む食品と、吸収を高める食べ合わせの両方をチェックして効率よく亜鉛を体内に取り込みたいものです。
亜鉛を多く含んだ食品を選択して、毎日の食事で過不足なく必要量を補えるような食生活を心掛けましょう。
亜鉛不足に含有量の高い食品を
タグ:亜鉛
posted by ieefuwoe at 02:01| Comment(0) | 亜鉛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

脚の痛み・痺れ(しびれ)の原因は?

神経の圧迫によって起こる脚の痛み・痺れ(しびれ)
椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などは、腰の神経を圧迫して坐骨神経(臀部から太もも裏を通っている太い神経)に沿った部分に痛みやシビレが出ることがあります。この坐骨神経に沿って出る痛みや痺れを坐骨神経痛と言います。坐骨神経痛には、背骨や骨盤の歪みや筋肉の緊張などにより起こるものもあります。
血管が原因で起こるものが膝の痛みなどを感じます。
下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症(動脈硬化)、などによる血行障害が原因で起こるもの。(病院での検査、治療が必要な場合があります。)
背骨や骨盤の歪みによって起こるもの
原因が、はっきりしない脚の痛みやシビレの多くが、背骨・骨盤の歪みや筋肉の緊張などが原因、又は要因になって起こります。
脚の痛み・痺れ(しびれ)の原因は?
posted by ieefuwoe at 02:37| Comment(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。