2012年04月19日

アレルギー性気管支炎とは?

犬や猫などのに発症する病気の1つであり、好酸球性の炎症や副腎皮質ホルモン療法に反応する好酸球性の炎症が様々なアレルゲン物質によって引き起こされる症状のことをアレルギー性気管支炎といいます。
この病気な主な症状としては、発作性の乾性咳嗽、頸部の伸張姿勢、咳嗽、努力性呼吸、喘鳴などが特徴的なものとして挙げられる。
さらに重症な場合には発作性の呼吸困難やチアノーゼを引き起こしてしまう場合もあるようです。

また乾燥性でアヒルが鳴くような咳がみられ、ケンネルコフに似た症状がみられることも特徴の一つです。
アレルギー性気管支炎の原因としては、はっきりとして原因はわかっていないのですが室内にまうほこりやカビ、花粉、タバコの煙やヘアスプレーなどが考えられます。

アレルギー性気管支炎の効果的な予防や治療方法としては、気管支拡張剤やステロイド剤などの投与、酸素吸入などが挙げられます。
治療は再発の恐れを考慮して長期間行う場合が多いです。
予防方法としてはアレルゲン物質に触れないということが第一となりますので、できるだけ原因となるような物質から避けさせるように飼い主が意識することが重要です。

以上がアレルギー性気管支炎の症状、治療、対策方法です。
治療が必要な場合は専門家のいる実績のある病院で治療を受けるのがよいでしょう。

アレルギーの症状と治療、対策
posted by ieefuwoe at 14:14| Comment(0) | 気管支炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。