2012年04月12日

なぜ痛むのでしょうか?坐骨神経痛の原因と症状

脊髄や神経根の圧迫が原因としてあげられます。
漢方では・・・

冷えによる寒邪(カンジャ)
湿気(梅雨時など)による湿邪(シツジャ)
扇風機などの風があたることによる風邪(フウジャ)

この3つの「邪(ジャ)」のうち2つないし3つが重なり、身体の気の流れ・血の流れ・水の流れが阻害され痛みが発生するといわれています。季節・環境・体質などによっても症状の程度が変わります。

坐骨神経痛の症状は以下のものがあげられます。

腰・臀部の痛み。
太ももの裏、足へかけての痛み・しびれ。
体を動かすと痛みやしびれが悪化する。
痛みのため歩くことが困難。
足に力が入らなくなる。
足の筋肉が左右で差が出てくる。

どんなことに注意していけばよいの?坐骨神経痛の解消のために
日常生活

入浴後身体を冷やさないようにしましょう(扇風機・冷房の風にはあたらない)。
汗をかいた後、入浴後などはタオルで体をよく拭きましょう。
血の巡りを良くするために「足湯」をしましょう。

食生活

身体を冷やす生野菜や果物を摂り過ぎないようにしましょう。
水分の摂り過ぎに注意し、飲み物はできるだけ温かいものを選びましょう。
冷えを除くごま・みそ・ねぎ・にんにく・かぼちゃ・にんじんなどの根菜類を積極的に食べましょう。
湿度が高くなり痛みが出る場合は、アズキやハトムギの煮汁を飲みましょう。

漢方薬なら静岡県静岡市の医心堂薬局総本店
posted by ieefuwoe at 06:49| Comment(0) | 坐骨神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。