2012年03月27日

食事療法がなかなか難しい通風治療

通風通風の食事療法で大切なのは、尿酸値を押さえるということにあります。
通風は別名高尿酸血症ともいい、血液に溶けきらなかった尿酸は結晶になって関節に沈着し、急性関節炎を引き起こします。高尿酸血症の人は約10%ほどの確率で急性関節炎を発症し、この状態を通風と言うのです。


もう少し詳しく説明すると、細胞内のDNAやRNAなどの核酸や体内のエネルギー源であるATPが分解することで生まれるプリン体という物質になり、これが尿酸に代謝されるのです。尿酸は尿中に排泄されますが、体内の尿酸が増えると血液中に蓄積された高尿酸血症に繋がっていくのです。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
通風の食事制限、食事予防、食事治療についての解説
通風と関節痛

通風の食事療法で大切なのは、尿酸値を押さえるということにあります。
通風は別名高尿酸血症ともいい、血液に溶けきらなかった尿酸は結晶になって関節に沈着し、急性関節炎を引き起こします。高尿酸血症の人は約10%ほどの確率で急性関節炎を発症し、この状態を通風と言うのです。注目インフォ
タグ:通風
posted by ieefuwoe at 23:29| Comment(0) | 通風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。