2012年03月26日

亜鉛不足に含有量の高い食品

亜鉛不足に含有量の高い食品をといわれて多くの人が連想するのはおそらく「カキ」でしょう。カキには100g中にじつに13.2rもの亜鉛が含まれており、1日の必要量10mg前後が推奨されている亜鉛の摂取に適した食品として知られています。
ほかにも亜鉛を含む食品にはさまざまなものが知られています。肉類や魚介類に多く、含有量の多いものとしては「からすみ」、豚の肝臓、牛肩のロース、牛のもも肉などがまず挙げられます。ほかにもゴマやアーモンドといった種実類にも多く含まれており、また小麦胚芽にはカキをも上回る100gに対して15.9rもの含有量があります。チーズも高い含有量で知られています。
これら亜鉛を多く含む食品を摂取することで不足気味の亜鉛を補うことができます。
また、ただ含有量の多い亜鉛の食品を食べるだけでは中途半端です。亜鉛は吸収率があまり高くないことで知られており、せっかく摂取してもそのまま排出されてしまうことも多くなっています。そのため、いかに吸収を促し、栄養にするかも大事になってきます。
亜鉛の吸収率は動物性たんぱく質、クエン酸、ビタミンCなどで高まります。一方、食物繊維やタンニン、フィチン酸などと同時に摂取すると逆に吸収が阻害されてしまいます。緑黄色野菜を摂取する際には注意が必要になるでしょう。
このように、亜鉛を多く含む食品と、吸収を高める食べ合わせの両方をチェックして効率よく亜鉛を体内に取り込みたいものです。
亜鉛を多く含んだ食品を選択して、毎日の食事で過不足なく必要量を補えるような食生活を心掛けましょう。
亜鉛不足に含有量の高い食品を
タグ:亜鉛
posted by ieefuwoe at 02:01| Comment(0) | 亜鉛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。